転職に悩まない

私は何度か転職を経験しているのですが、これまで転職してきた経験の中で年齢を重ねれば重ねるほど転職がしやすくなると思っています。若いころの転職というのはどうしても職場を選ぶ際に様々な自分の私情が入り込んでしまい、なかなか仕事が決まらないなんていうこともあったけれど、年齢を重ねてからの転職は自分自身が看護師としてどのように働いていきたいのかということがハッキリとしてくるので転職先を見つけるにも時間がかかりません。

また転職サイトを利用したこともありますが、年齢を重ねた看護師はそれなりの経験を持っていますから、やっぱり経験を持っている看護師を求めている職場からはすぐに声がかかり、職場が決まるなんていうこともありました。実際に働きだしてからも新人扱いされてしまうことはなく、反対に若い看護師からは頼られるようなこともあったし、こういった部分では年齢を重ねた看護師ほど本当に転職がしやすくなるのではないかと私自身は思っています。もちろんそうではないと言う人もいるかもしれませんが、私の場合には、転職サイトのアドバイザーさんにも恵まれていて、なおかつ近所にもたくさんのクリニックや病院があるので転職がしやすいのかもしれません。

■これまでの経験に自信が持てる

転職する際には必ずこれまで働いてきた経歴を提出しなければなりませんが、昔と違って今の看護師転職することに対する偏見などはありませんし、マイナスのイメージなどもありませんから、私のようにいくつかの職場を経験していることが反対に自分自身が活躍に繋がっていますし、これまでの経歴を提示しなければいけない場面でも自信を持って提示することができるようになりました。

もちろん転職する際には転職したいという理由がはっきりとありますが、こういった理由についても、昔のように悩んでしまうことがなく、明確な理由で転職することができるようになったので相手側にもしっかりとこうした理由や私の気持ちが伝わり、すぐに採用が決まることがほとんどです。若い頃のように転職先を見つけるのに時間がかからないというのは経済的にも非常に助かる部分だし、年齢を重ねるまではわからなかった部分ですが、年齢を重ねて初めて転職がしやすいと思うようになりました。もちろん年齢を重ねているだけではなく、長年看護師を続けているというのが1番大きなメリットになっていると思いますが、若い看護師とは違ったメリットですよね。

Comments are closed.